手作りパン大好き!Home > 2011年10月06日

2011年10月06日

パン屋さん開業準備 (9)保健所相談と営業許可


見積りが出揃い、開業の目処が立ったら、店舗のレイアウトを持って保健所に事前相談に行きます。
目的は、営業許可の申請や内装工事を始める前に指導を受けに行って、工事内容を確定させるためです。

工事が始まった後で保健所からダメ出しされたら、工事の手直しが発生して余計な費用がかかるので、必ず事前相談に行っておいたほうがいいんです。

私の場合、オーブンメーカーさんが作成してくれた図面を持参して保健所に行ったところ、
「何も問題ないですね。」
とすんなりOKをいただきました。安心安心。

パン屋さんに必要な営業許可の種類は、基本的に「菓子製造業」です。衛生管理責任者の設置も必要です。
牛乳やコーヒー牛乳を販売するなら「乳類販売業」、有料・無料を問わずコーヒーサービスなどをするなら「喫茶店営業」の許可もいります。

ですが、地域によって基準や指導内容が微妙に異なります。
代表的なのは
「サンドイッチの製造販売は菓子製造業の営業許可だけで良いか、それとも飲食店の営業許可がいるか」
でしょうか。

インターネットで検索すると、決まって「飲食店の営業許可が必要」と出てきますが、それは間違いで、実際は地域により異なります。
ちなみに私の出店する地域では菓子製造業の許可だけで良く、飲食店の営業許可は不要なんです。

なので、管轄の保健所に行って、必要な許可の種類をきっちり確認して、それにあった厨房設備を用意しないといけないんです。
ややこしいですね。

そうそう、
衛生管理責任者の資格は1日講習を受講するだけで取得できますが、地域によっては1ヶ月に1度しかなかったり、すぐには受講できなかったりするので、いつかパン屋さんをと思っている方は、取れるうちに取っておいた方がよいと思いますよ~




手作りパン大好き!Home > 2011年10月06日

Recent Comments
Search Inside
Feeds
Archives

Return to page top